>>他のコラムはこちらから!
マウントを取られる-768x1024.png

あなたには得意なことはありますか?

また、人並みにできることはありますでしょうか?

それがなくても、「これはまだマシだな」とおもえることはありますでしょうか。

勉強ができる、スポーツができる、歌が上手い、絵が上手い、難しいゲームもクリアできる…etc

誰しも得られるわけではない特技があることは、すごく良いですよね。

また、特別そう言ったものがなくても人並みにできる人だっているでしょう。

それも普段褒められることは少ないですが、充分すごいことですよね。

さらに、自分の中で「できないことは多いけど、これはまだ…」といったものがあれば良いですよね。

一方で、世の中にはなんでも出来る人がいます。

勉強もスポーツも人間関係も仕事も何もかも人並み以上。

もちろん100%完璧の人はこの世にいないけど、その少しの不完全でさえ完璧にこなしているように見える人。

それだけなら「羨ましい」だけで済むのですが、そう言った人の中には、天狗になって

「俺ならこうだぞ!」

と、頼んでもないのにその技術の高さを他人に見せつけてくる人がいます。

そして見下される人は、とにかくそういった人にターゲットにされやすいのです。

そのため、せっかく自分の得意なこと、人並みにできること、マシなものがあっても

「自分は得意だと思ってたけどダメなんだ」

「人並みだと思ってたけどそんなことなかったんだ」

と自信を喪失してしまうのです。

他人と比較しないことはできない

こういうとき、決まって言われるアドバイスは

「他人と比較しない」

というものです。

確かに、他人と比較しないという考え方は重要ですよね。

その考え方をパッと採用できたら良いですよね。

でも…

比べちゃいますよね。

だってこの世界は比較だらけだからです。

学力、運動神経、背の高さ、容姿の美醜、年収、恋愛。

比較したことがない人なんてほとんどいないでしょう。

また、他人と比較せずに成長できた人などいないでしょう。

もちろん、世の中には「好き」を突き詰めてその技術が磨かれたという人はいます。

でも、それだって対象の何かがあった上で、「こんな風になりたいな」という人と今の自分を「比較」した上で磨かれた人がほとんどではないでしょうか。

私たち人間は、他人と比較しないということはなかなか出来ないのです。

他人と比較しないより大切なこと

マウントを取られてしまうと、悔しいですよね。

そのためには、マウントを取ってくる人から離れるのが1番です。

しかし、そうも言っていられない時もありますよね。

その場合、マウントを取る人の言うことを真に受けないようにすることが大事です。

では、どうすれば真に受けないようになるのか?

それは、

世界の広さを知る

ことです。

もっと具体的に言うのであれば

価値観の広さ

を知っていくことです。

マウントを取ってくる人は、世界の広さを知らないのかもしれません。

その価値観が正しく、それ以外は全部ダメ。

そう思い込んでいる可能性が高いからです。

確かに、ただ優越感を感じていたいから、バカにしていたいからというのもあるでしょう。

でも、この世界の色んな価値観を知っていたらそんな安易なジャッジはしないでしょう。

でも、世の中価値観など様々です。

その価値観だけで自分の能力を否定するなんてもったいないことではないでしょうか。

といっても、

「この世は金じゃない」

「容姿は関係ないんだ」

といった極端な綺麗事を受け入れようと言うお話ではありません。

確かにこの世界でお金は重要でしょう。

容姿が人生を左右することだって大いにあるでしょう。

でも、それ「だけ」ではない。

この「それだけではない」を心の底から理解していけば、マウントを取る人の言っていることを真に受けなくて良いんだと思えるようになるのです。

何故こんなことをお話ししたかというと、私自身そういう経験をしてきたからです。

私は学生時代、絵が上手と言われてきました。

ただ、バカにされるように下手だと言われたこともあります。

ここでいう上手・下手は画力のことです。

家族や同級生、ネット上の人…色んな人に絵を見せましたが、ほとんどの人は絵を

「上手い・下手」

という物差しで評価していました。

そのため、当然のように私は絵を「上手いかどうか」だけで判断するようになりました。

更に言えば、私の絵を評価してきた人の多くは私のことを普段バカにするような人でした。

当然、その人たちのアドバイスが真摯かと言われるとそんなことはありません。

でも私は上から目線で、ただバカにしてくる人たちに評価されたいがために、真に受けて絵を描くようになっていたのです。

楽しいかと問われればそんなことありませんでした。

でも、スマホが普及してSNSを見てみれば。

画力が低くても、そこに描かれているキャラや物が「好き」という思いで絵を描く人がたくさんいました。

確かに、魅力ある絵は画力も重要でしょう。

今も「上手くなりたい」という気持ちは変わっていません。

でも、それ「だけ」ではない。

下手でも楽しんで描いている人はいるし、描いてもいい。

そのことを心の底から理解した時、ようやく「マウントを取る」人たちのために描かなくても良いんだと気持ちが楽になったのです。

あなただって充分すごい

世の中は不条理です。

人を常に見下し、迷惑をかけているのにも関わらず、それでいてあなたより優れている。

見下してきた友達が恵まれていて辛い….。」でも書かせていただきましたが、残念ながらそういう人はいます。

でも、別にあなたがそれですごくないということは一切ありません。

あなたは、自分が得意だと思っていたものや人並みにできること、はたまたこれならマシだと思うもの。

勝手に無価値にしてませんか?

ここではよくある

「それを仕事に活かそう!」

という話をしたいのではありません。

ただ、見下されるという悩みにおいて、得意なこと・人並みにできること・マシなことは、どんな小さなものでも自信の糧になります。

その自信は、自分を見下すを止める第一歩にもなり得るのです。

「オレの方がすごいぞ!」
見下されサバイバーの生き方(目次)
・「オレの方がすごいぞ!」
見下されあるある:誘いに乗ってしまう
「子供っぽい」はあなただけではない
見下されあるある:悪いことをさせられる
見下されている人からも見下されてしまう
優柔不断で見下されてしまう
【見下される人向け】恥ずかしい記憶がフラッシュバックしてしまう時の対処法
見下されあるある:人を信用できない
有名になって見返したいと思う
謙虚すぎてなめられる
「見下され過敏」なあなたへ
見下されあるある:できる人が羨ましい
見下されあるある:趣味をバカにされる
見下されているのに「気にしていない」と言ってしまう
ゲームが下手で見下されてしまう
見下される人が頭が良くなる方法
見下されあるある:いいように使われる
見下されあるある:びくびくしてしまう
見下されあるある:年下からタメ口で話される
【見下されサバイバー必見!】弱いと感じる自分が変わる動画
見下されあるある:自分だけ頑張っていないと言われる
見下されあるある:すぐ謝ってしまう
見下され要因:世間と性質がズレている
見下されあるある:友達グループの中で優先順位が低い
見下され要因となる世間の幸せ基準
見下してきた友達が恵まれていて辛い....。
就いている仕事で見下されるのはなぜ?
なよなよしてしまう癖を減らす方法
見下されたときの「悔しさ」を思い出してしまう時の対処法
見下される人が最初にするべき2つのこと
見下される人が仕事ができないもう1つの理由
見下される人が友達を作る方法
嫌なことを嫌と言えない
自己主張ができないなら
人から軽く見られるのであれば
集団が苦手なら
自分の意見が尊重されない
根拠のない自信はない
流行りに乗れない...
真面目な人のネガティブな生き方
ありのままの自分でいいのか?
子供扱いされてしまうのはなぜ?
自分の意見を持つ方法
よく怒られてしまう...
よく笑われてしまう...
見下される素質を持つ人へ
思考が常に止まらない時は?
共感が持てない...
気が利かないと言われる
強い「負けず嫌い心」と付き合う方法
プライドが高いので直したい
「言わなきゃ分からない」の真実
親に感謝するか恨むか問題
見下してしまう...
「見下される人」流の自信を育てる方法
「見下される人」が自信をつけるために必要な2つのこと
スッキリしながら対処法が手に入る!「見下される人のためのグラレコ勉強会」開催!
「見下される」悩みを理解されないのはなぜ?