>>他のコラムはこちらから!
親への恨みと感謝

自分の親は「良い親」?「悪い親」?

見下される悩みを持つ人は、家族との関係も苦しい方もおられると思います。

親はいつもケンカばかりしていた。

男と女という生まれつき変えられないもので差別された。

喋り方を真似されて笑われた。

怒っても軽くあしらわれた。

それにも関わらずこちらのミスは強く怒鳴られた。

「自分がこういう性格になったのも、親のせいだ!」

と、ひとしきり恨んだ後

「いや、よく考えれば親はご飯をいつも作ってくれたじゃないか。

時には欲しいものを買ってくれた。

別にいつも仲が悪かったわけじゃない。

なのに自分はなんて酷いことを考えているんだ…。」

と罪悪感を抱いてしまう。

そんな経験はありませんか?

今回はこのような「親に感謝するか恨むか問題」に対してどう考えていけばよいかをご紹介します。

「親に感謝しろ」という無責任な説教

上のように、親に対する恨みつらみを言葉にすると

「親に育ててもらってるんだ。感謝しろ!」

「誰のお金で生きてきたと思っているんだ!」

と言われてしまうことが多いと思います。

確かに、子供は誰しも親やそれに該当する保護者のお金で育ってきました。

最近であれば、スマートフォンや、ゲーム機、パソコンなどの高価なものを買い与えてくれたことも多いと思います。

それらに関して目をつぶって、親に全く感謝をしていない人であれば、もう少し感謝の気持ちを持った方が良いのかもしれません。

でも、あなたは「親に感謝する部分もある」ということを理解しつつも強く恨んでしまう悩みを抱えているのですよね。

だからこのような記事を読んでいるかと思われます。

物事を正しく客観的に見ることのできる、真面目な方だと思います。

だから、そのような声はあまり気にしないで良いのだと思います。

あなたの親との関係は、あなた自身が一番知っているのですから。

「心」の育み不足

親をどうしても恨んでしまう理由。

それは、育て方に関して

「外」と「内」の育みのバランス

が悪いからです。

ここでいう「外」は毎日3食食べさせてくれるといったことから、

ゲームやオモチャなど、欲しいものを買ってくれるような

「外側からの育み」

を指します。

あなたの親御さんがそのような方であれば、物質的には豊かにしてもらっているのでしょう。

ただ、それでは片手落ちです。

もう一方の「内」。

それは「悩み」や「感情」といった本人の内側にあるもの。

あなたの親御さんは、もしかしたらあなたに対して

「心」の養い

が圧倒的に足りなかったのではないでしょうか。

別に、カウンセラーのような上質で完璧なメンタルケアをして欲しかったわけじゃない。

自分の話を最後まで聞いて欲しかった。

自分の苦しみを理解する努力をして欲しかった。

理解しようともせず一蹴して否定しないで欲しかった。

自分が嫌だと言ったことは素直に聞き入れて欲しかった。

少しのミスで怒鳴り散らさないでほしかった。

ちゃんと「会話」をして欲しかった。

あなたの「心」に対して全く向き合わなかったがために「物質」と「心」のバランスが極端に悪い育て方をしてしまった。

このような結果、感謝と憎しみの気持ちの両方を強く持ってしまったのではないでしょうか。

感謝と恨みは両立していい

親に感謝することもあるのにどうしても恨んでしまう。

そのような気持ちを持ってしまう時は、

感謝の気持ちも憎しみの気持ちも両方持っていていい

ということを意識しておくと良いでしょう。

家族や友人・恋人など、関係が親密で長く続けば続くほど不満の1つや2つはあるものです。

それは見下される悩みを抱えている人でもそうでない人でも誰しもあります。

それを「あの時のあの言葉は腹が立ったな…でも普段ご飯を作ってくれるし育ててくれるし愛してくれるし怒るのはやめよう」と毎度毎度思うでしょうか?

いくら感謝することがあっても、少しの不満であれば「本当に腹が立つな。ムカつく。」と心の中で捨て台詞を吐いて終わりではないでしょうか。

それにあなたが抱えているのはそんな軽い悩みではありません。

能力や人格を強く否定され、傷ついてきました。

喋り方・趣味・振る舞いを理不尽に笑われてきました。

悩みもほとんど理解されてきませんでした。

それゆえに打ち明けることもできなくなってきました。

結果、自分の感性や悩みを外に出さない生活が当たり前になっていきました。

確かに物は買い与えてくれたし、美味しいものも食べさせてもらった。

でも「心」は養ってもらえなかった。

悩みがあっても、諦めて家族と普段通りに接するしかない。

そんなあなたが、影で色々なものを犠牲にしていることを家族は知らないのかもしれません。

だから、その部分に関しては恨みを抱くのは当然のことです。

親に対する感謝の気持ちと、恨み妬む気持ち。どちらかを忘れてしまってはいけない。

「感謝」と「恨み」はどちらもあっていいのです。

まとめ

今回は「親に感謝するか恨むか問題」についてご紹介しました。

物を買い与えてもらったり物質的には豊かにしてくれた一方、悩みを聞いてくれない等の「心」の養いが圧倒的に足りなかった家庭環境。

そんな親に憎しみの感情を抱くのは当たり前のことです。

だから「恨み」も「感謝」も両方持っていていい。

再び悩むことがあれば、ぜひそのことを意識してみてください。

だって、それがあなたの親御さんに対するウソ偽りのない本当の思いなのですから。

親に感謝するか恨むか問題
見下されサバイバーの生き方(目次)
見下されあるある:誘いに乗ってしまう
「子供っぽい」はあなただけではない
見下されあるある:悪いことをさせられる
見下されている人からも見下されてしまう
優柔不断で見下されてしまう
【見下される人向け】恥ずかしい記憶がフラッシュバックしてしまう時の対処法
見下されあるある:人を信用できない
有名になって見返したいと思う
謙虚すぎてなめられる
「見下され過敏」なあなたへ
見下されあるある:できる人が羨ましい
見下されあるある:趣味をバカにされる
見下されているのに「気にしていない」と言ってしまう
ゲームが下手で見下されてしまう
見下される人が頭が良くなる方法
見下されあるある:いいように使われる
見下されあるある:びくびくしてしまう
見下されあるある:年下からタメ口で話される
【見下されサバイバー必見!】弱いと感じる自分が変わる動画
見下されあるある:自分だけ頑張っていないと言われる
見下されあるある:すぐ謝ってしまう
見下され要因:世間と性質がズレている
見下されあるある:友達グループの中で優先順位が低い
見下され要因となる世間の幸せ基準
見下してきた友達が恵まれていて辛い....。
就いている仕事で見下されるのはなぜ?
なよなよしてしまう癖を減らす方法
見下されたときの「悔しさ」を思い出してしまう時の対処法
見下される人が最初にするべき2つのこと
見下される人が仕事ができないもう1つの理由
見下される人が友達を作る方法
嫌なことを嫌と言えない
自己主張ができないなら
人から軽く見られるのであれば
集団が苦手なら
自分の意見が尊重されない
根拠のない自信はない
流行りに乗れない...
真面目な人のネガティブな生き方
ありのままの自分でいいのか?
子供扱いされてしまうのはなぜ?
自分の意見を持つ方法
よく怒られてしまう...
よく笑われてしまう...
見下される素質を持つ人へ
思考が常に止まらない時は?
共感が持てない...
気が利かないと言われる
強い「負けず嫌い心」と付き合う方法
プライドが高いので直したい
「言わなきゃ分からない」の真実
・親に感謝するか恨むか問題
見下してしまう...
「見下される人」流の自信を育てる方法
「見下される人」が自信をつけるために必要な2つのこと
スッキリしながら対処法が手に入る!「見下される人のためのグラレコ勉強会」開催!
「見下される」悩みを理解されないのはなぜ?